SESSION WAIT HISTORY

目次

基本情報

 

パラメータ情報

 

Syntax   : _SESSION_WAIT_HISTORY=10
設定方法  : ・Parameter File

 

バージョンとデフォルト
9iR2 : -
10gR1: 10
10gR2: 10
11g  : 10

 

説明

 

V$ SESSION_WAIT_HISTORYビューで照会可能なセッションごとの待機イベント履歴(History)の数を決定します。10gまでは最大10個まで指定可能で、11gからは最大100個まで指定可能です。変更された値を反映するには、インスタンスを再起動しなければなりません。

V$ SESSION_WAIT_HISTORYビューは、特定のセッションの待機現象を迅速かつ簡単に照会する目的で使用されます。