L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ホーム

お知らせ

製品・ソリューション

サービス

導入事例・パートナー

EXEM Academy・ブログ

会社情報

採用情報

2018.05.16

Oracle Parameter Template

目次



基本情報

 


パラメータ情報

 

Syntax   : _OPTIM_PEEK_USER_BINDS
設定方法  : Parameter File
           ALTER SYSTEM SET “_OPTIM_PEEK_USER_BINDS” =

 

バージョンとデフォルト
9iR2  : TRUE	
10gR1 : TRUE	
10gR2 : TRUE	
11g   : TRUE	

 


説明

 


Bind Variable Peeking(以下BVP。バインド変数のぞき)機能を有効にするかどうかを決定します。BVPとBind変数を含むSQL文の最適化を実行するとき、Bind変数が指す値を参照することを意味します。

 


Oracleは、BVPを介してSQL文が実行される当時のBind値を利用するので、最適な実行計画を策定することができます。

 


注意

 


Bind Variable PeekingとExplain Plan



BVPを使用する場合、Explain Planステートメントを介して確認した実行計画(Execution Plan)が、実際の運用環境では、適用されないことがあります。Explain Planステートメントでは、BVPが適用されないため、BVPが適用されたランタイムの実行計画とは異なる実行計画を報告する可能性があります。



もし、テスト環境では正常に実行されたSQL文が実行時に遅い傾向が見られるなら一次的にBVPによるサイドエフェクトがないか検証してなければならなりません。ランタイムの実行計画は、V$ SQL_PLANビューで確認可能です。


関連情報

 

1. COMMIT_WRITE パラメータ


外部参照

 

1. Oracle 11g Performance Tuning Guide