L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ホーム

お知らせ

製品・ソリューション

サービス

導入事例・パートナー

EXEM Academy・ブログ

会社情報

採用情報

2018.02.14

Granule

目次



Granuleについて

 

「Granule」はSGAに割り当てることができる最小単位です。
Granuleは、仮想メモリ上の連続した空間で、dynamic SGAモデルで割り当てることができる
最小単位です。このgranuleのサイズは、SGA全体の推定値(SGA_MAX_SIZE)に
応じて、次のように区分されます。

 

・4MB if estimated SGA size is<128M
・16MB otherwise

 

SGAのBuffer Cache、Shared Pool、Large Poolなどのパラメータは、このgranule
単位で増減することができます。

 

「Dynamic SGA」と、DBAがALTER SYSTEMコマンドを使用して、SGAパラメータの大きさを
動的に変更することができます。SGA全体の最大サイズ(SGA_MAX_SIZE)を定義して、その範囲内でパラメータの
サイズを変更することができるものです。データベースをshutdown/ startupなく作業が
可能なため、「Planned Downtime」を減少します。