L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ホーム

お知らせ

製品・ソリューション

サービス

導入事例・パートナー

EXEM Academy・ブログ

会社情報

採用情報

2018.11.14

DISK ASYNCH IO

目次



基本情報

 


パラメータ情報

 

Syntax   : DISK_ASYNCH_IO={True|False}
設定方法  : ・Parameter File

 

バージョンとデフォルト
9iR2 : true
10gR1: true
10gR2: true
11gr1: true

 


説明

 

Data File、Redo Log、Control Fileなどの書き込み操作についてAsynchronous I/ Oを使用するかどうかを指定します。

ほとんどのOSがAsynchronous I/Oをサポートしています。Asynchronous I/Oを使用する場合、書き込み操作の要求後に書き込み完了になるまで待機していないため、一般的に、書き込みパフォーマンスが改善されます。したがって、このパラメータは、可能なDefault値Trueに設定するのがよいのです。

OSが提供するAsynchronous I/O機能のパフォーマンスに問題があるか、バグなどにより誤動作が生じる場合には、このパラメータの値をFalseに変更することにより、Synchronous I/Oを使用します。

 


注意

 


関連情報

 

1.FILESYSTEM_IO_OPTIONSパラメータ
2.DB_WRITER_PROCESSESパラメータ
3.DBWR_IO_SLAVESパラメータ