L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ホーム

お知らせ

製品・ソリューション

サービス

導入事例・パートナー

EXEM Academy・ブログ

会社情報

採用情報

2018.06.06

V$LOCK

目次



V$LOCK項目説明

 

V$ LOCKビューで重要なカラムは次のとおりです。

 

カラム名:説明
SID:ロックを保持中または要求しているセッションのIDがLMODE>0の場合、ロックを保持しているセッションであり、
   REQUEST>0の場合、ロックを要求しているセッションです。

TYPE Enqueue:ロックのリソースタイプ(例えば、TM、TX、UL、US、CI、TC、...)

ID1:リソース名1

ID2:リソース名2。がロック保護するリソースセパレータとなります。

LMODE:ロックを保持している場合のモード(1〜6。ロックモードを参照)

REQUEST:ロックを要求している場合のモード(1〜6。ロックモードを参照)

CTIME:現在のロックモードが許可されてからの経過時間(second)。つまり、ロックを保持したり、要求された以降、時間です。

BLOCK:現在のロックが別のロックをブロックしているかどうかの情報です。
    1=他のロックをブロック中、0=他のロックをブロックしていなません。