ocmpany_mv01

日本エクセム ニュースリリース

Chromeのバージョンが66以降のクライアント環境で、MaxGaugeのRealTime Monitor画面が正常に表示されない事例がありました。
発生条件及び対策関連情報をお知らせします。


■現象
・RealTime Monitor画面が正常に表示されない

■対象環境
下記の条件を全て満たしている環境で同現象が発生します。
・MaxGauge for Oracleのバージョンが「2017年1月リリースバージョン(5.3.3.170104.01)」の環境
・Google Chromeのバージョンが「66」以降の環境

■原因
Google Chromeのバージョン「66」から、画面描写(Draw)処理が変更しました。
そのため、MaxGaugeのウエブアプリケーションサーバ(PlatformJS)のJavaScriptでの処理に影響があり、RealTime Monitor画面が正常に読み込めなくなりました。

※参考URL
https://chromereleases.googleblog.com/2018/04/stable-channel-update-for-desktop.html
https://developers.google.com/web/updates/2018/04/nic66

■対策
PlatformJSの既存のJavaScriptを差し替えて、PlatformJSを再起動することで、本事象は改善します。

1.指定ディレクトリにある既存のJavaScriptを、提供するJavaScriptに差し替えます。

[指定ディレクトリ]
/opt/maxgauge/PlatformJS/svc/www/MAXGAUGE/Exem/chart

[差替えファイル]
・XMCanvas.js
・XMLineChart.js
・XMTxnMonitorChart.js

※ 実行コマンド例 (/var/tmp/に配置したJavaScript「XMCanvas.js」に差替える場合)
—————————————————————————————————————————-
[maxgauge]$ cd /opt/maxgauge/PlatformJS/svc/www/MAXGAUGE/Exem/chart
[maxgauge]$ mv XMCanvas.js XMCanvas.js_20180510bk
[maxgauge]$ cp -p /var/tmp/XMCanvas.js /opt/maxgauge/PlatformJS/svc/www/MAXGAUGE/Exem/chart/
—————————————————————————————————————————-

2.PlatformJSを再起動します。

※ 実行コマンド例
—————————————————————————————————————————-
[maxgauge]$ cd $PJS_HOME/ ; ./pjsctl stop
[maxgauge]$ ./pjsctl start PlatformJS
—————————————————————————————————————————-

■差替え用JavaScriptの提供方法
 本事象が発生したユーザ様は、下記MaxGaugeサポートまでご一報いただきますようお願いします。
 MaxGaugeサポートより、差替え用JavaScriptを提供いたします。

その他、ご不明な点がございましたら、MaxGaugeサポートまでお問い合わせください。

■お問い合わせ先
日本エクセム株式会社 MaxGaugeサポート
〒103-0027 東京都千代田区神田錦町3-7 東京堂錦町ビル4F
Tel) 03-3518-0771
E-mail:support@ex-em.co.jp
http://www.ex-em.co.jp/