Seeing everything Any Time, Any Place

システムの可視化が加速する

現在・過去・未来 MaxGaugeが魅せます

基盤レイヤーの網羅的な情報収集と、統一した分析インターフェースを提供します

 

「MaxGauge(マックスゲージ)」は、データベース・WAS・OSなどの基盤レイヤーの稼働情報を網羅的に収集し、適切な情報を提供・可視化。現場ごと、プロジェクトごとに個別で構築しようとして実現できなかった「情報収集の仕組み」を一括。収集、構築・運用での大幅な工数削減を実現します。

MaxGauge導入の4大メリット

問題の予兆把握と対応による機会損失の減少
情報共有での円滑な運用によるスピードアップ
常時情報収集による安心感ある運用
問題対応スピードアップ工数50%以上削減

 

MaxGaugeからの4つの提案

 

1. 問題予兆発見

システムトラブルの種を稼働情報から発見・特定

問題の種を簡単に発見 改善の取り組みへ

システムのトラブルには予兆があります。これまでは難しかった予兆を発見・対応できるようにします。

瞬間的に発生する負荷上昇から原因SQL特定、をはじめ、あらゆる角度で原因SQLをピックアップ

事例: 大手製造業様にて、MaxGaugeで問題予兆ポイントの原因を特定し改善することで、非常に安定した稼働を実現。

 

 

 

2. 開発と運用の共通言語

開発と運用の壁を取り除く情報共有

対立から協力へ

開発部門と運用部門が連携・協力していくことは重要なことです。しかし、データベースやWebアプリケーションサーバーの稼働状況は見えづらく認識を共有することは困難です。「MaxGauge」による可視化で開発部門、運用部門、およびお客様とも認識の共有が簡単になり、特に障害・性能調査等のスムーズかつ迅速な対応ができるようになります。

システムの安定が最優先の運用チームVSプロジェクトの進行が最優先の開発チーム

事例: 大手ネット企業様にて「Maxgauge」を開発チームへも開放にすることにより、性能を意識した開発を行うようになり、また障害などへの協力体制が築けた。

 

 

 

3. 監視+情報収集体制

なぜ、アラートが上がってから情報を収集するのか?

アラート発生後、即原因調査。 70%以上スピードアップ

システム監視はしているが、アラート発生後に初めて情報収集を開始する現場が多いのが現状です。それにより、原因特定に非常に時間がかかったり再現待ちとなってしまうほか、多くの無駄な工数が発生します。「監視+情報収集」の体制を整えておくことが本来の運用の姿です。

JP1等従来の統合監視+MaxGaugeによる情報収集

事例: 大手ネット決済企業様にて、ZABBIX+MaxGaugeで、日々の運用管理を行うことにより、問題発生時の早急な原因特定とリカバリを実施している。

 

 

 

4. トラブル速攻解決

トラブルでの原因調査工程の無駄を省き効率化

自動情報収集、原因特定・対応策検討など生産性の高い業務に集中

トラブルが発生してからの「情報収集」~「分析」~「原因追及・対応」という一連の流れにて、実際には「情報収集」に半分以上の時間を費やしています。「MaxGauge」により、調査に必要な情報を自動で収集し、すぐに原因調査に取り掛かることができます。企業の生産性向上や、エンジニアの労働力不足、また労働時間制御などのコンプライアンスが求められる昨今、エンジニアに生産性の高い仕事に集中してもらう体制を整えることができます。

データベース運用において、情報収集作業が全工数の50%を占める

事例: 大手金融企業様にて、これまで数日かかっていた情報収集・分析・調査業務が1時間で可能になった。

 

 

MaxGauge シリーズのご紹介

『MaxGauge』にご興味をもたれた方へ。まずはお問い合わせください。皆様の日々の業務に新たなソリューションを。
「MaxGauge for Oracle」 Oracle SGAメモリアタッチにより低負荷を実現 最短0.01秒間隔で情報収集 Oracleのオプション不要
「MaxGauge for Java」 最小限の負荷でトランザクションを100%収集 アプリケーションの変更は不要 Javaアプリケーションの動き全てが見渡せる
「MaxGauge for SQLServer」 複雑なパフォーマンスカウンタの選択や重いプロファイラーが不要 SQLServerの状況を一括で簡単に把握
「MaxGauge for MySQL」 サーバステータス情報やスロークエリーを全て収集 スレッド・ロック・SQLを後追いで分析可能 MySQL Community版、MariaDB、Amazon Aurora対応

 

 

MaxGaugeを活用したDBAサービスのご紹介

問題解決や運用の対応が必要な方には、MaxGaugeを利用してスピーディーな対応を実現するDBAサービスも提供しております。MaxGaugeを導入しても担当できる人がいない、そもそもインフラの担当者が少ない…そのような場合もご相談ください。