product_mv02

~ 開発と運用の共通言語 ~

可視化が加速する『MaxGauge』


  • 『アラートが上がるとDBが疑われる』
  • 『問題の半数以上は、AP側(SQL)のことが多い』
  • 『開発側への調査協力が得られない』
  • 『SQLまで特定できないと、開発側では調べられない』

などということはありませんでしょうか。

 
 

データベース運用は、インフラとアプリケーションのどちらの要素もありますが、多くの現場ではインフラ担当の方が運用をされており、性能問題やトラブルの際の調査の結果、アプリケーション(SQL)が原因であっても、協力体制が得られず解決が長引くという場面をみます。

 

データベース自体としては、内部で動いているセッションやSQLの実行履歴が標準では残らないことが多いため、調査がしづらく、結果的に原因不明で再現待ちということもよくあります。

 

『MaxGauge』があれば、セッション、SQLの実行履歴を1秒単位で取得し何時、何分、何秒に、だれが何を行っていたのか?が、マウス操作だけで確認できます。膨大な情報収集、分析の労力が、80%程度削減されます。

 

人手不足の昨今において、『MaxGauge』で簡単に分析し、エンジニアリソースを原因解決や、前向きなプロジェクトへ配分できるようにしましょう。

 

利用ケース1:

大手公共系企業様では、トラブルがあった際に、大画面モニターに『MaxGauge』の画面を映し、インフラチームとアプリケーションチームが一緒になって議論することにより、原因追及を迅速に行っています。

 

利用ケース2:

大手ネット企業では、『MaxGauge』をインフラチームだけでなく、アプリケーションチームへ開放することにより、アプリケーションがデータベースにどの程度負荷をかけているのか?ということを見える化しました。それにより、性能を意識した開発や、月に数回のリリース時の動きの変化なども、アプリケーションチームも把握し、問題の早期発見に役立てています。

 

開発と運用の共通言語

開発と運用の壁を取り除く情報共有

対立から協力へ

開発部門と運用部門が連携・協力していくことは重要なことです。しかし、データベースやWebアプリケーションサーバーの稼働状況は見えづらく認識を共有することは困難です。「MaxGauge」による可視化で開発部門、運用部門、およびお客様とも認識の共有が簡単になり、特に障害・性能調査等のスムーズかつ迅速な対応ができるようになります。

システムの安定が最優先の運用チームVSプロジェクトの進行が最優先の開発チーム

事例: 大手ネット企業様にて「Maxgauge」を開発チームへも開放にすることにより、性能を意識した開発を行うようになり、また障害などへの協力体制が築けた。

 

 

 

 

詳しくは『MaxGauge』からの4つの提案をご覧ください。