L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ホーム

お知らせ

製品・ソリューション

サービス

導入事例・パートナー

EXEM Academy・ブログ

会社情報

採用情報

2020.08.26

MaxGaugeサーバのHAクラスタ検証 #1

こんにちは、日本エクセム おかむらです。
MaxGaugeサーバの可用性を高めるためアクティブ・スタンバイのHAクラスタ構成の検証を行いたいと思います。MaxGaugeサーバがダウンして復旧に時間がかかるサイトなどではHAクラス構成にすることでMaxGaugeで収集する稼働データのロスを防ぐことが出来ます。

今回の検証の対象はMaxGaugeサーバがLinux環境になります。

検証の前におさらい : MaxGaugeの構成について

MaxGauge for Oracle は、監視対象のOracleデータベースサーバにMaxGaugeのエージェントを設置してエージェントが取得したデータをMaxGaugeサーバにデータを保存しています。
保存したデータは、WEBブラウザからMaxGaugeサーバのWEBページにアクセスして監視対象Oracleの稼働情報を閲覧することが出来ます。

今回は、MaxGauge・構成イメージの真ん中にあるMaxGaugeサーバを冗長化構成にします。

MaxGaugeサーバがデータを収集出来ない状態(例えば、MaxGaugeサーバがダウン)になると、監視対象のOracleデータベースサーバで稼働するエージェントが一時的に稼働データをローカルのストレージに保存します。(デフォルトでは1GBを上限に保存)MaxGaugeサーバが復旧すると一時的に保存している稼働データをMaxGaugeサーバに順次送信する仕組みがあります。この仕組みは短時間のサービス停止ではデータのロスが発生しませんが、障害などで長時間MaxGaugeサーバが停止すると稼働データのロスが発生します。
ハードウェア障害など長時間MaxGaugeサーバの停止が発生するような状況の場合、冗長化することでMaxGaugeのサービスを継続することが可能となります。

MaxGaugeサーバの冗長化構成

今回の検証では、MaxGaugeサーバをアクティブ・スタンバイのHAクラスタで構成にします。

MaxGaugeサーバの動作に必要なサービス

MaxGaugeサーバは、主に2つの役割があります。

  • 監視対象のOracleデータベースより稼働データを収集・リポジトリデータベースに保存
  • 保存されたリポジトリデータベースの稼働データを閲覧させる

MaxGaugeサーバは上記を行うため、4つのサービスを稼働させます。

サービス名説明
DataGather MasterMaxGaugeの稼働データを管理するためのサービス(マスター)
リポジトリデータベースの管理、スレーブサービスの管理などが主な役割
DataGather SlaveMaxGaugeの稼働データを管理するためのサービス(サービス)
稼働データをリポジトリデータベースに登録、データ収集などが主な役割
PlatformJS保存されたリポジトリデータベースの稼働データをWEBブラウザから閲覧させるためのWEBアプリケーションサーバ
PostgreSQL収集した稼働データを保存するリポジトリデータベース
MaxGaguge for oracle のサービス一覧

通常のMaxGaugeサーバ(シングル構成)では各サービスをsystemdやinit.dで管理しています。

HAクラスタの構成

今回検証するMaxGaugeサーバのHAクラスタ構成は以下の図のように構成します。

共有ストレージには、PostgreSQLのデータディレクトリ(PGDATA)を保存して、ノードの切り替えが発生しても同一のデータを参照出来るようにします。

MaxGaugeのWEB閲覧は、VIP経由で閲覧させます。また、監視対象データベースに設置したMaxGaugeのエージェントはVIPに対して性能データをMaxGaugeサーバに送信します。

次回は、MaxGaugeサーバのHAクラスタ構成の構築方法について説明します。