L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ホーム

お知らせ

製品・ソリューション

サービス

導入事例・パートナー

EXEM Academy・ブログ

会社情報

採用情報

2021.11.18

毎月の技術動向Gartner2022戦略技術


技術物語/月間技術動向
2021. 10. 27. 09:46

2022年の技術トレンドは何ですか?
コロナが技術に与える影響はどのように変わったのでしょうか。
今後3~5年間にわたって差別化されたロードマップを設定するのに参考になるガートナーの2022年戦略技術を見てみましょう。

<エンジニアリング信頼(Engineering Trust)>

このセクターの技術は、データをクラウドおよび非クラウド環境でより安全に統合および処理し、ITベースの費用対効果の高い拡張を提供することで、より柔軟で効率的なITベースを構築することを可能にします。

トレンド1:データファブリック

データファブリックは生地のように交差して編まれた接続網の特性から取った名前です。
異なるリソースを1つのプラットフォームに統合してデータ管理を簡素化します。
データの保存場所に関係なく、必要な場所でデータを使用できるようになります。

データファブリックの真の価値は、分析を通じてデータの使用と変更が必要な場所を学習して改善することです。
これにより、データ管理に入る工数を最大70%まで減らし、価値実現時間を短縮できます。

– データファブリックの詳細については、ここを参照してください:)

トレンド2:サイバーセキュリティメッシュ(Cyber​​security Mesh)

サイバーセキュリティメッシュとは、人やアイデンティティを中心にセキュリティ境界を定義し、自分の位置に関係なく各種デジタル資産セキュリティにアクセスできるようにするアーキテクチャです。
コロナによって「場所を問わない」運営方式が進化し続けています。

Gartnerは、2024年までにサイバーセキュリティメッシュアーキテクチャ(CSMA)を採用し、セキュリティツールを統合し、協力エコシステムとして機能することで、個々のセキュリティ事故への財政的影響を平均90%まで削減できると説明しました。

トレンド3:プライバシー強化コンピューティング(Privacy-Enhancing Computation)

プライバシー強化コンピューティングは、信頼できない環境でデータ処理を保護します。
データ、ソフトウェア、またはハードウェアレベルで個人情報と機密情報を保護するPEC技術は、機密性や個人情報を損なうことなくデータを安全に共有、プール、および分析できます。
データから価値を抽出するデータ経済時代に欠かせない技術でもあります。

トレンド4:クラウドネイティブプラットフォーム(Cloud-Native Platforms)

クラウドネイティブプラットフォーム(CNP)とは、クラウドの利点を最大限に活用できるようにアプリケーションを構築して実行する方法です。
急速なデジタル変化に対応でき、最近クラウドが浮上しながら注目されています。

Gartnerは、クラウドネイティブプラットフォームが2021年の40%未満から2025年までの新しいデジタルイニシアチブの95%以上の基盤になると予測しました。

<変更を彫刻(Sculpting Change)>

この分野の技術は、創造的な新技術ソリューションをリリースすることで、組織のデジタル化を拡大し加速することができます。
ビジネス活動を自動化し、人工知能(AI)を最適化し、迅速で賢明な意思決定を可能にするアプリケーションを使用して、変化に対応し続けます。

トレンド 5: 構成可能アプリケーション (Composable Applications)

構成可能なアプリケーションは、ビジネス指向のモジュール式コンポーネントで構築され、コードをより使いやすく再利用することができ、最適なパフォーマンスと効率性を実現します。
継続的に変化するビジネス環境の中で、構成可能なアプリケーションは変化に対する適応性を強化します。

トレンド6:意思決定インテリジェンス(Decision Intelligence)

意思決定インテリジェンスは、意思決定を行うために大量のデータを処理する能力です。
組織の意思決定を改善するための実用的なアプローチです。
インテリジェンスと分析を使用して、情報を提供、決定、学習、および変更する一連のプロセスで各決定をモデル化します。
意思決定インテリジェンスは、潜在的に拡張分析、シミュレーション、およびAIを使用して自動化できます。

トレンド7:超自動化(Hyperautomation)

ハイパーオートメーションは、ますます多くのプロセスを自動化し、人間を増強するために高度な技術、人工知能、機械学習などを活用することです。
できるだけ多くのプロセスを迅速に識別、検証、自動化することで、成長とビジネスの弾力性を加速します。

トレンド8:AIエンジニアリング(AI Engineering)

AIエンジニアリングは、AIモデルを運営するための統合アプローチであり、AIモデルを設計、構築、テスト、展開、運用、発展させる方法のプロセスです。
データ、モデル、およびアプリケーションのアップデートを自動化してAI提供を簡素化することで、生産AIソリューションの価値を最適化することを目指しています。 

<成長の加速(Accelerating Growth)>

この部門の技術を活用して、ビジネスと市場シェアを確保する力を発揮し、価値創造を最大化してデジタル機能を向上させることができます。 

トレンド9:分散型企業(Distributed Enterprises)

コロナによってリモートおよびハイブリッド作業パターンが増加するにつれて、既存のオフィス中心組織は分散作業形態に進化しています。
メタバスなど仮想空間も登場しました。
分散型企業は、遠隔勤務経験を改善し、顧客とのパートナーコンタクトをデジタル化し、製品経験を構築するために、デジタル優先、リモート優先ビジネスモデルを反映しています。

Gartnerは、2023年までに分散型企業の75%が競合他社より25%速く売上成長を実現すると予想しています。

トレンド10:総体験(Total Experience)

トータルエクスペリエンス(TX)は、顧客エクスペリエンス(CX)、従業員エクスペリエンス(EX)、ユーザーエクスペリエンス(UX)、およびマルチエクスペリエンス(MX)を組み合わせたもので、より大きな顧客と従業員の信頼、満足、忠誠、支持を導き、成長を加速するビジネス戦略です。

トレンド11:自律システム(Autonomic Systems)

自律システムは、自己管理の物理システムまたはソフトウェアシステムです。
自動化や自律システムとは異なり、自律システムは外部ソフトウェアの更新なしに独自のアルゴリズムを動的に変更することができ、現場の新しい変化にすばやく適応できます。

Gartnerは、特に自律システムが長期的にロボット、ドローン、製造、スマートスペースなどの物理システムで一般的になると予測しています。

トレンド12:生成的なAI(Generative AI)

生成されたAIは、事前に訓練された学習を通じてテキスト、オーディオ、画像などの新しいコンテンツを生成します。
ディープフェイクのような否定的な活用方式のため、懐疑的な視線もありますが、この技術はソフトウェアコード生成、薬物開発促進、ターゲットマーケティングなど、さまざまな分野でR&Dサイクルを加速する可能性を持っています。

ガートナー戦略技術2021、2022比較


「私たちを殺すことができないものは私たちをより強くする」というニーチェの言葉のように、2年以上のファンデミックの中でも私たちは人生を続けてきました。
コロナが触発したビジネス環境の変化が続く2022年、変化に対応するためにどのような技術を活用すればよいのか参考になれば幸いです!