L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ホーム

お知らせ

製品・ソリューション

サービス

導入事例・パートナー

EXEM Academy・ブログ

会社情報

採用情報

2018.06.14

CURSOR SPACE FOR TIME

目次



基本情報

 


パラメータ情報

 

Syntax   : CURSOR_SPACE_FOR_TIME
設定方法  : ・Parameter File

 

バージョンとデフォルト
9iR2  : False
10gR1 : False	
10gR2 : False
11g   : False

 


説明

 


CURSOR_SPACE_FOR_TIMEパラメータの値をTrueに変更すると、Oracleは、Open状態のCursorをShared PoolにPinします。PinされたCursorはCloseになるまでFlushされません。したがってOpen後、複数回使用されるCursorが多くある場合には、性能に有利となります。Oracle Manualによると、Oracle Formsのように一つの画面で多数のCursorをOpenするApplicationで最も有利です。

 


注意

 


CURSOR_SPACE_FOR_TIMEパラメータとORA-4031エラー

CURSOR_SPACE_FOR_TIMEパラメータの値がTrueであれば、Open状態のすべてのCursorはPin状態でCursorがCloseされるまでPinが解除されません。したがってShared Poolは、Open状態のすべてのCursorを保存するのに十分大きくなければならないんもです。そうでなければORA-4031エラーが出ることがあります。


CURSOR_SPACE_FOR_TIMEパラメータとHard Parse

Hard Parseが旺盛なシステムは、Cursorのリサイクル性が高くないため、このパラメータをTrueに設定していない方が望ましい選択です。


関連情報

 

1.SESSION_CACHED_CURSORSパラメータ
2.OPEN_CURSORSパラメータ
3.V$ OPEN_CURSORビュー
4.ORA-4031エラー