L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ホーム

お知らせ

製品・ソリューション

サービス

導入事例・パートナー

EXEM Academy・ブログ

会社情報

採用情報

2021.09.29

今MaaS時代!


月間技術動向|今MaaS時代!

기술이야기/월간기술동향
2019. 12. 13. 11:23

所有で共有であり、今MaaS時代!

PaaS、SaaS、IaaSず… MaaSをご存知ですか?

2010年のサービスを開始したオボが10年ぶりに企業価値137兆ウォンに成長しつつディディチュシン、グラブなどの車両共有サービスが全世界に広がっています。

車の共有から一歩進んだMaaSが注目を集めていますよ。MaaS(Mobility as a Service)は、「サービスとしての移動」という意味で、タクシー、電車、バス、地下鉄、カーシェアリング、自転車、キックボード等!すべての交通手段を一つのサービスとして提供しています。個人が「所有」した、単一の交通手段を利用するよりもはるかに速く、安価に目的地まで効率的に「移動」することができる。

共有サービス、公共交通機関の乗り換えや経路案内などが部分的に実装されており、ネイバー地図やGoogleマップのような歩行を含めて、公共交通機関で行くことができる最適な経路探索などが可能ですが、MaaSはアプリさえあれば、すべての交通手段を統合的に考慮した最適経路、コスト情報、呼び出し、および決済などの移動に関連する全過程を利用することができます。

 

MaaSは車を所有しての概念にないサービスにします。車を公共交通機関のように利用することができる場合、自動車を購入すると、メンテナンスのための多額の費用を費やす必要がありますがそれが必要なくなります。加えてMaaSが拡散されて都市内の自動車の数が減少すれば、不足している駐車場、環境汚染、交通渋滞などの問題を解決することができると思います。

 

<MaaSフレームワークは、出所:LVM Ministry of Transport and Communications>

MaaS事例を発見

<UBiGO 화면, 출처 : App Store>

MaaSは2013年UbiGoというスタートアップが、スウェーデンで実施したモデル事業をきっかけに概念化を置く。UbiGoはアプリを介して、公共交通機関は、SharePointリンカ、レンタカー、共有自転車、タクシーなど5台の交通手段の利用情報と予約と決済サービスを提供しています。環境に配慮し、交通手段を選択した場合、ボーナスも提供しています。

<Whim画面で、ソース:Whim公式ホームページ>

フィンランド「Whim」アプリは、ヘルシンキのバス、トラム、タクシー、レンタカー、バイク、公共自転車まで、すべての交通手段を組み合わせて、最適な経路を案内します。利用者評価を学習して、利用者カスタマイズ移動手段をお勧めもしています。フィンランドのは自動車メーカーがないのに、発達した通信技術に基づいてサービスを開始したという点が目を引きます!

<Qixxit画面で、ソース:Qixxit公式ホームページ>

Qixxitは、ドイツの鉄道会社ドイツの半分が電車や航空会社、バス、タクシー、車や自転車の共有、レンタカーなどと連携して、統合サービスを開発した事例です。移動手段だけでなく、図書館、ショッピング、レストランなども予約決済サービスを提供しています。

国内の状況は?

次に、現在の韓国、特にソウルの状況はいかがでしょう?ソウルは地下鉄、バスなどの公共交通機関のインフラがよく形成されており、多田、ソカなど共有自動車も有効になっています。そしてタルンが(ソウル市共有自転車サービス)とキックゴーイング(キックボードの共有サービス)なども継続サービスエリアを拡大しています。
このように、ソウルはMaaS導入と発展の可能性の観点から非常に有利な条件を持っています。現在のノウハウとインフラを活用してMaaSを導入すれば、ユーザーは、さらに最適化されたパスに目的地までの移動が可能になると思います。

<MaaS一目で表示、ソース:双竜自動車ブログ>

PwCによると、世界のMaaS市場は2030年までに1.4兆ドル規模に平均25%ずつ成長が予想されるとします。また、今年1月に開かれたCES2019で、自動車関連、最大の課題でMaaSを注目だけのホットな話題です。

このように、モビリティの未来MaaS市場の主導権を握るために自動車業界からIT業界など多くの投資が行われています。トヨタはMaaS革新のためソフトバンクと「モネトテクノロジー」を共同設立するだけでなく、オボ(5億ドル)とグラブ(10億ドル)に多くのお金を投資しました。現代起亜車は、昨年にMaaS関連投資だけで約5000億を執行したとします。伝統的な製造業に近かった既存の自動車企業もサービス分野でその領域を拡大している状況です。

逆にWhimとUberのように自動車の製造技術は、なくてもサービスはあまりにも急速に提供しています。プラットフォームの力でしょうか?

このように4次産業革命の時代では、産業間の境界が急速に崩れています。