L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ホーム

お知らせ

製品・ソリューション

サービス

導入事例・パートナー

EXEM Academy・ブログ

会社情報

採用情報

2021.06.16

コロナ19事態に本早期警告の重要性


月間技術動向|コロナ19事態に本早期警告の重要性

技術の話/月刊技術動向
2020. 2. 10. 19:16

各種事業分野に影響を与え、株式市場の大きな打撃を受けた、中国での旧正月連休が台無しにされたコロナウイルス。

世界の41カ国で発症し、感染者81,068人、死亡者2,758人の恐ろしい数値を示しています。(2月26日午後4時基準)


このものすごいコロナ19を事前に予測し、警告した会社がありますが。カナダの人工知能スタートアップBlueDot(ブルードット)です。

WHOの発表する17日前12月31日、報告書を通じて武漢地域のウイルスを警告しました。人工知(AI)の力をしっかりと見せてくれた。

<출처 : Shutterstock>

ブルードットの意味のある予測


ブルードットはどのように迅速かつ意味のある予測をすることができたのでしょう?

ブルードットが自然言語処理技術(NLP)とマシンラーニングで分析するデータは、インターネットデータだけでなく、毎日の65カ国で生産する10万個の公式資料に含まれています。ここで、WHOと新興疾病監視プログラムなどのデータは、蚊やダニの分布、家畜オブジェクトの数と動植物疫病ネットワーク監視は、各地域の気候や温度データも収集します。また、航空会社から、毎年40億個のチケット販売や航空パスなどのデータを収集します。

そしてブルードットは、データアナリスト、プログラマーだけでなく、医学の専門家が一緒に働いています。人工知能がビッグデータ分析を完了すると、内部分野別の医学·力学の専門家が分析が医学的に妥当なのか、間違って推論した点はないか検査します。特にこの過程で、当局の疫学調査の結果を反映して、レポートの公開するかどうかを決定するそうです。

このようにブルードットは、ビッグデータ分析のエラーを回避するために、インターネットのデータだけでなく、当局のリアルタイムデータと航空運航データ、疫学分析まで反映しました。


新しいウイルスはすぐに識別してワクチンを作ることが最も重要です。人々にできるだけ早く警告する拡散を阻止するのに役立ちます。 ブルードットの早期警告(アラーム)が 重要な理由でしょう。 



韓国コロナ事態3月20日ピーク、最大1万人の感染?


2月26日 JPモルガンのボホムチムが出した見込みです。韓国のコロナ19事態は3月20日にピークであり、最大の感染者数は1万人に達すると明らかにした。大邱市民240万人のうちの3%がウイルスにさらされ、中国と似たような様相で、2次感染が起こると仮定した結果だとします。


<国内「コロナウイルス感染症-19」確定者の現状、2月26日16時基準(出典:中央災難安全対策本部)>

上記のグラフは、毎日2回ずつ発表する国内確定者数のグラフです。

上記データに基づいて近似曲線を描いてみると、4月19日頃には1万人が感染すると予想することができます。

<国内感染者の状況をもとに描いた近似曲線

一日に数百人ずつ確定者が出てくる国内の状況では、JPモルガンで 自主的に作成されたモデルで予測した 結果が良好であれば、どのよう作成されたモデルである調べる必要があります。一日も早くこの事態が終息することを本当に願って。

早期警告の重要性


このようにブルードットの事例のほか、多くの所で、病気の早期予測をしています。

AIの早期警告のために我々は、より関心を持つべきです。実際、外国為替危機、地震のような自然災害、病気、道路渋滞などの産業分野を問わず、AIベースの早期警報システムを活用しています。人工知能障害を事前に予測し、異常の兆候を教えてことで、高速対応が可能となっているのです。


<Anomaly Detection>


ITインフラストラクチャにも問題が生じる前の障害状況を予測して先制的に対応できるようにするソリューションがあります。 

まさにエクセムのXAIOps(サイオープス)ですが。 

企業のインフラとアプリケーションデータをリアルタイムに収集し、負荷特性やパターンを学習し、障害の状況を予測します。また、AIを活用して、リアルタイムの監視対象データの性格と分析目的に合った学習モデルを選択適用しています。将来の状況を予測すると、ITインフラストラクチャの管理・運営の負担も減り、時間とコストが減少する効果まで正確に享受できるでしょう? 

もちろん人工知能だけ盲信はいけないことだが、

私たち人間と機械が互いにコラボレーションする増強知能(Augmented Intelligence)により、人工知能の幅広い活用を期待してみる価値があります。