L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ホーム

お知らせ

製品・ソリューション

サービス

導入事例・パートナー

EXEM Academy・ブログ

会社情報

採用情報

2020.10.16

コロナがもたらした変化、在宅勤務とクラウド


月間技術動向| コロナがもたらした変化、在宅勤務とクラウド


画像訳:コロナがもたらした変化、在宅勤務とクラウド


コロナが大韓民国会社員の業務パターンを完全に変えた。

通勤時間の調整など、柔軟勤務制が拡大実施されたり、交互に在宅勤務を実施する企業もあります。

多くの企業は、在宅勤務を採用しました。 コロナにより、在宅勤務の会社員の数が10万人を超えたという統計もあります。

<画像出所:毎日経済 >   画像訳:韓国は在宅勤務中

在宅勤務での業務の空白が懸念されることもあります。しかし、  先制的にクラウドシステムを開発または適用してきたIT企業は、むしろ自律勤務生産性の向上の機会にしています。 

実際、米国のフォーブス(Fobes)のアンケート調査の結果やシートリップ(Ctrip)の在宅勤務実験を見ても、在宅勤務実施後の生産性は高くなりました。

100%在宅勤務で運営する会社の関心が増えています。

<MSのコロナによる在宅勤務の生産性分析の結果(左)、出典:ZDNet Korea 、バンクサラダの在宅勤務能率の向上(右)、出所:バンクサラダブログ >

どのように生産性を高めているのでしょうか? 

いくつかの要因があるが、最も重要なことは、在宅勤務に適したインフラストラクチャをよく構築しておくことが基本です。 クラウド環境が十分に確立されている場合、会社で働くのと同様に、家庭でも業務処理が可能であるためです。 クラウドベースのビデオ会議や遠隔制御を実施し、 

アップロードしたデータを個人のPCに保存せずに、中央サーバーで管理することができ、外部ハッキングからも安全です。 実際にクラウド環境の構築についてのお問い合わせは、従来比2倍以上に増加したという記事も確認することができました。 

クラウドと全く同じクラウドがないようにクラウド環境も様々な形に変化しています。

公開網から誰でもアクセス可能なパブリッククラウドは、1つの組織でのみ使用可能な公開されていないプライベートクラウド、  パブリッククラウドとプライベートクラウド、オンプレミスを混合して使用するハイブリッド・クラウド、  複数のパブリッククラウドを使用するマルチクラウドなどの形態である。 

 

特に、ハイブリッド・クラウドへの関心が高くなっています。 ハイブリッド・クラウドを使用すると、  パブリッククラウドとプライベートクラウド/オンプレミスの利点を組み合わせて  、ビジネスに最適化されインフラストラクチャを構成することができるからです。

このように最近になって急増している多様で複雑なITインフラストラクチャとサービスを効率的に運営するためには、  統合的に制御することができる単一の管理ソリューションが必要です。 インストールやすさと拡張性を考慮して、クラウドネイティブアーキテクチャで設計されたクラウド集め(Cloud MOA)は  、ハイブリッドクラウド環境の大規模なITインフラストラクチャとサービスを人工知能を活用して統合的に制御することができるソリューションです。 

このようにコロナ事態によって業務環境のデジタルトランスフォーメーションが加速され、  クラウドとクラウド監視の需要が急増している市場でエクセムの技術力は、より多くの光を放つことが期待されます。