L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ホーム

お知らせ

製品・ソリューション

サービス

導入事例・パートナー

EXEM Academy・ブログ

会社情報

採用情報

2021.10.19

ガートナーHype Cycle 2021


月間技術動向| ガートナーHype Cycle 2021

技術の話/月刊技術動向
2021. 9. 29. 11:04

ガートナーHype Cycleをご存知ですか?

今回の記事では、ガートナーが先月発表した最新のハイプサイクルの内容を簡単に説明します。

ガートナーHype Cycleと

ガートナーのHype Cycleは、市場の期待がどのように変化するかを経験的にまとめた曲線で、技術の成熟度を表現しています。新たに登場した技術から主流になるまでの技術を説明します。新しい技術が登場した時点から安定期に到達するまでの時間に応じて5段階に分けて、時間の変化に伴う期待を表現しました。

新しい技術は、「革新触発の段階」で始まって、高い期待を受けている「期待頂点の段階」に到達した後、社会の関心が急速に落ちる「幻滅の段階」を経験します。以来、技術開発と関連した肯定的な事例が増え技術に再び関心を置くとされている「悟りの段階」が開始され技術の社会的関心が正常軌道に乗る「生産安定の段階」に達すると説明されています。

▶ Hype Cycle5段階の詳細

1️⃣Innovation Trigger(革新触発の段階)

潜在的技術が注目を浴び始めている時期で、メディアで頻繁に言及され、人々が関心を置きます。しかし、まだ商用化された製品はなく商業的価値も証明されていない状態です。

2️⃣Peak of Inflated Expectations(期待頂点の段階)

大手企業で成功ストーリーと失敗ストーリーが出始めているのがポイントです。一部の企業は、実際の事業に着手することもありますが、ほとんどの企業は観望します。

3️⃣Trough of Disillusionment(幻滅の段階)

ほとんどの挑戦が失敗し、多くの企業が事業化を断念する段階です。生き残ったメーカーだけが投資を継続します。

4️⃣Slope of Enlightenment(悟りの段階)

技術の収益モデルを示す事例が生じ、市場と技術がよく理解され始めています。2.0、3.0もリリースされ、多くの企業が事業に投資し始めます。しかし、保守的な企業はまだ観望します。

5️⃣ Plateau of Productivity (생산 안정의 단계)

技術が市場から完全に主流に位置を取り始めます。事業的生存の可能性の評価基準も明確になります。海外市場への進出の適正性と妥当性が高まり、市場で成果を収め始めます。

Hype Cycle 2021

今年ハイプサイクルにはNFT(Nonfungible Token)、Digital Humans、Physics-Informed AIが新たに追加されました。3つの主要なテーマと関連技術は以下の通りです。

エンジニアリング信頼 (Engineering trust)

  • ITチームが技術ベースのビジネスの革新をリードするためには、信頼できるビジネス中核を作成する。
  • 信頼には、セキュリティと安定性が必要ですが、繰り返しが可能であり、立証されて拡張可能であり、革新的な「作業慣行(Working Practices)」をベースにしなければならない。
  • このような慣行がITがビジネスの革新を提供する弾力的なコアとの基盤を構築する。
  • 関連技術
    Real-Time Incident Center-aaS, Sovereign Cloud, Homomorphic Encryption, Data Fabic

成長加速(Accelerating growth)

  • 信頼できるビジネス中核を備えたITリーダーとCIOは、組織の成長を促進するイニシアティブ(Initiative)に集中しなければならない。
  • 技術リスクとビジネスリスクに対する選好度のバランスを維持し、組織の成長目標短期的に達成可能であることを確認することを意味する。
  • 関連技術
    Digital Human, Multi-experience, Industry Cloud, Quantum ML

変更を彫刻 (Sculpting change)

  • 変化は自然に有害である。
  • 核心は混乱を認識し、技術を受け入れて変化を彫刻し混沌になることがあることに秩序をもたらすものである。
  • リスクを軽減するには、変化を予測し影響を与えなければならない。
  • 関連技術
    Physics-Informed AI (PIAI), Composable Applications, Composable Networks, Influence Engineering

ガートナー202110大戦略技術が気になりましたら以下をクリック!

月間技術動向|202110大戦略技術

Hype Cycle2021によると、AIがコード生成やデザインを強化し、技術革新に影響を与えるのにまではまだ5〜10年かかり、量子ベースのマシンラーニングも10年以上残っているようです。そして産業クラウド(Industry Clouds)が言及されており、続いて言及されているデジタルヒューマンは、生産性の段階に入るには、10年以上かかると思われます。また、Composableはアプリケーションとネットワークの中核となるものと思われます。

変化のスピードが速くなり、スケールが大きくなる今、未来を準備するための技術のトレンドを素早く追うことも重要でしょう?
次の月刊技術動向では、来年の展望である202210大戦略技術を扱ってみる予定です。