L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ホーム

お知らせ

製品・ソリューション

サービス

導入事例・パートナー

EXEM Academy・ブログ

会社情報

採用情報

2021.09.15

インド降り注ぐラブコール


月間技術動向|インド降り注ぐラブコール

技術の話/月刊技術動向
2020. 7. 2. 10:24

最近、インドのラブコールが殺到しています。 

インドJioに投資する シリコンバレーの企業が一体なぜインドに興味を持つのか、今回は見てみましょう。

<올해로 5년째를 맞는 Google for India 이벤트>

去年7月14日、Googleがオンラインで開催した「Google for India」というイベントで グーグルは、インドのデジタル化(Digital India)7年間の合計100億ドル(約12兆650億ウォン)を投資するという発表をしました。発表後、すぐに、インドのキャリアJioに45億ドルを投資し、7.73%の株式を確保することになった。

GoogleはGPay、Read Along、洪水予防AIなど、インドにはすでに多くの投資をしていました。それにもかかわらず、追加で100億ドルなんて、インド市場の潜在力が巨大なのでしょうか?

インド市場の賭けに急に動く企業はフェイスブックです。 3がつにJioに57億ドル(約6兆8,770億円)を投資して、9.99%の株式を保有したんです。韓国のカカオトークのようチャットアプリでワッツアプリは、インドで問題なく拡張する道を用意したという評価を受け、ワッツアプリと決済システムの接続も狙っていると思われます。

インテルとクアルコムもJioに投資しました。 インテルは、7月3日、VC子会社インテルキャピタルを通じてJioに2億5350万ドル(約3億ウォン)の投資で0.39%の株式を取得しました。今回の投資で、インテル・ソリューションのインドの5Gネットワークシェアの確保に役立つと思います。続いてクアルコムの投資会社クアルコム・ベンチャーズも7月13日、Jioに73億ルピー(約1000億ウォン)を投資して0.15%の株式を確保すると明らかにした。 

去年の1月17日、アマゾンのジェフ・ベゾスが、インドを訪問しました。ここでベゾスは、10億ドル(約1兆2,650億ウォン)のインドの投資計画を発表しました。(ベゾスの訪問は、インドの人々がアマゾンとAWSに反対する動きが広がる中行われました。)

<Jio – インドの代表的なキャリアであり、インターネットサービス企業、ソース : Jio 홈페이지>

引き続き投資を引いているJioは、過去3ヶ月間なんと202億ドルの投資を誘致しました。シリコンバレー だけではなく、KKR、TPGなど米国私募ファンドが数十億ドルを投資し、ムバダラ(アラブ首長国連邦政府系ファンド、12億ドルの投資)とPIF(サウジアラビア政府系ファンド、15億ドルの投資)も入っています。 

<シリコンバレー企業のインドの投資総まとめ>

なぜインドに投資したのですか?
 
1. 低いインターネット普及率
インドの人口は約13億人であるが、インターネットユーザー数は5億人程度です。(インターネット普及率34%)8億人の人口がインターネットを使わないのに、これが大きな市場です。 
※ 参考: 大韓民国、米国、EU、インターネットの普及率85%、中国でインターネットの普及率は65%
 
2. 中国を牽制
中国の成長率は、信じられないほど速くなります。インドは中国との国境紛争などで間が悪いです。最近、インド、中国ITアプリを禁止しました。(そして、Jioは全世界で唯一中国産製品を一つも使われていないキャリアとなりました!)
 
3. Jioの事業計画
Jioは、ITサービスを大規模に拡大して実施しようとする計画を持っています。電子商取引、決済、農業、医療、教育など5G、クラウド、IoT、ブロックチェーン、AR/ VRなどを組み合わせて、デジタル技術革新を成し遂げうとしています。
 

<Jioの事業計画、情報源 : telecoms.com>

4. 広告、電子商取引、クラウド、5Gなど新事業の聖地
インドのインターネットユーザー数は、最近急速に増加しています。特に中小企業のインターネットの切り替え速度が速く、Googleが 広告、クラウド売上を伸ばすことができる機会となっています。 5Gも成長の可能性が高く インテルとクアルコムが投資したものです。
また、インドでは現在、 高速Eコマース(E-Commerce)に向かって移動しているので、アマゾンなどのサービスが急速に成長しています。アマゾンは、赤字に耐えしながら電子商取引市場を着実に狙っており、クラウドサービスも拡大していきたいのです。
そしてフェイスブックもまた決済、電子商取引など新事業開拓をしている状況で、インド市場への進出を図っています。インドでティックトック(TikTok)が禁止された後、素早く同様のサービスであるInstagram Reelsをテストしています。
シリコンバレーの企業の多くの投資で、インドで数多くの革新と成長が行われると思います。
今後の技術の流れがどのように流れているか注意して見なければなりません。