L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ホーム

お知らせ

製品・ソリューション

サービス

導入事例・パートナー

EXEM Academy・ブログ

会社情報

採用情報

2021.04.15

「データ」で通じる大韓民国


月間技術動向| 「データ」で通じる大韓民国

今回の月間技術動向では、今後変わる大韓民国の姿とそれに応じて注目されるIT分野を一緒に見てみましょう。

「データ非識別化」が重要! – データ3法改正案の施行

個人情報保護法」、「情報通信網法」、「信用情報法」を私たちは「データ3法」と呼びます。 データに基づいて新たな価値を生み出す「データ経済」の時代を迎え、安全なデータ利用のためのデータの3法の改正案が、今年の初め、国会本会議を通過し、来るべき8月5日に施行されます。

データ3法改正案が気になるなら?主な内容を見に行く

データ3法改正は、散らばっていた個人情報の関連規定を整備し、曖昧な判断基準を明確にし、「仮名情報」の概念を導入して、ビッグデータ時代の情報の利用率を高めることを主な内容としています。改正案によると、「仮名情報」は、商業目的を含む統計作成の研究、そして公益的記録の保存を目的と同意なしに利用することができます。

 

 

「仮名情報」について、もう少し知ってみましょう。追加情報の使用なしに、特定の個人を認識することができない措置をした情報を仮名情報といいます。仮名情報が法の枠の中に入ってきて、個人情報を仮名情報に処理する「非識別化」技術が注目されています。非識別化は、データセットからの個人を識別することができる要素の全部または一部を削除または置換する方法を活用して、個人を認識することができないようにする方法です。 
 
データ3法改正案の施行を控えて実施している「マイデータ」事業まで加えて、利用価値が大きいデータを蓄積してきた金融・公共分野のデータ非識別化の需要が急速に増加しています。エクセムの関連会社「アイムクラウド」も敏感情報非識別化ソリューション「SDGUARD」を発表し、データ非識別市場攻略に本格的に乗り出した。エクセムのビッグデータ分析とコンサルティング能力とアイムクラウドのデータ非識別文化間の相乗効果が期待されます。
 
4次産業革命の原油と呼ばれるデータの活用! データ3法の改正で非識別化技術の進歩と、さまざまなデータの組み合わせは、データベースの新技術の開発など、韓国のデータベースの経済発展を期待してみても良いでしょう?
>>関連記事

4次産業革命の技術の総集合 – 韓国版ニューディール

過去月間技術動向から「韓国版ニューディール」の3つの領域のプロジェクトと10大重点細部推進課題を見てみました。政府は、2025年までに76兆ウォンの歴代級の規模を投入することにしました。

 

 

韓国版ニューディールは、雇用のセーフティネットベースの上にデジタルニューディールとグリーンニューディールの2つの大きな軸で推進されます。デジタルニューディールは▲DNAの生態系を強化▲デジタル包容とセーフティネットの構築▲非対面産業の育成▲社会間接資本(SOC)デジタル化などが主な推進事業です。グリーンニューディールは▲都市・空間・生活インフラ緑切り替え▲グリーン産業革新の生態系の構築▲低炭素・分散型エネルギー拡散などを推進します。 

 

 

政府では、デジタルニューディール政策の一環として、国民生活と密接な15個の分野のビッグデータプラットフォームとセンターの追加構築を行い、14万個規模の公共データを開放することにしました。また、科学技術の機械学習データ構築と運用システムの開発など、大規模な公共データインフラ構築にも踏み出しました。それだけでなく5Gに基づいて、政府の業務網を高度化し、行政情報システムの15%をクラウドサーバーベースに移行する計画も持っています。  

韓国版ニューディール政策が具体化され、5Gと人工知能(AI)だけでなく、さまざまなビッグデータプラットフォームの構築の機会とクラウド移行計画を確認することができました。エクセムのビッグデータビジネスの機会とクラウド統合管制ソリューションCloudMOA(クラウド集め)の舞台がさらに拡大すると予想されます。来るべき7月に確定される総合計画策定の方向も継続的に見てみることにします。

>>関連記事

 

 

データで実現する超接続社会 – K-UAM

5年後の2025年には交通渋滞なしで都心空を飛ぶ「ドローンタクシー」が現実になります。政府は6月4日、「韓国型都心航空交通(K-UAM)ロードマップ」を確定しました。環境にやさしい低騒音3次元交通手段である都心の航空交通(UAM、Urban Air Mobility)が安全で便利な交通サービスで段階的に実現する、交通渋滞のない都心の空の道を開拓することで、新たな時間と空間のパラダイムを創出する計画です。

国土部主導の下、現代自動車の開発で行われる「ドローンタクシー」は、仁川空港から汝矣島まで約40kmの距離を20分で走破することができ、既存の自車にかかる時間の3分の1レベルです。交通が混雑した通勤時間の場合金浦空港から蚕室まで約73分(34km)がかかりされるが、UAMを利用の場合、12分(直線距離27km)で到着が可能約84%の時間を短縮することができます。 

政府は、交通渋滞による移動の効率の低下や物流輸送などの社会的コストを70%削減することができるものと期待していますよ。11月、国内では初めてのドローンタクシー試験飛行に入ります。UAM成長基盤作りに拍車をかけるために、政府は、関連規制を研究し、インフラストラクチャを構築しています。 

国土部発表したUAM関連の核心7大技術は、▲垂直離着陸、▲長距離飛行、▲分線の電気推進、▲モーター駆動・ハイブリッド、▲自律飛行、▲センサー、▲騒音・振動です。7大核心技術も重要ですが、その基盤となる数多くのデータをよく構築し、運営しなければ活用できません。政府がエクセムのように、データのノウハウが集積された企業とビッグデータインフラをよく構築し、運営するなら、大韓民国のUAM技術の進歩は、より弾力性を得ることができます。

UAMは、大都市圏に人口が集中し、地上交通機関の混雑を解決する代わりに、注目されています。モルガン・スタンレーは、2040年までにUAM市場規模が1兆5,000億ドル(約1,800兆ウォン)に達すると予想していて。ドローンタクシー商用化を介して、真の超接続社会に進入する大韓民国の姿が期待されます。

>>関連記事

朝鮮ビーズ、仁川空港→汝矣島20分で走破… 2025年に「ドローンタクシー」出てくる

メガ経済、韓国型都心航空交通(K-UAM)の実証事業スケジュールと7つのコア技術

データ通する大韓民国の変化、皆さんはどう思いますか?