L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ホーム

お知らせ

製品・ソリューション

サービス

導入事例・パートナー

EXEM Academy・ブログ

会社情報

採用情報

2021.03.24

「アンタクト」が大勢だ!


月間技術動向| 「アンタクト」が大勢だ!

最近コロナ19により「アンタクト」が話題です。 

 

多くの企業は、在宅勤務に移行し、学生は遠隔授業という新しい研究方法に直面しました。 牧師たちも、YouTubeライブなどのオンラインで説教しました。 だけではなく、コンサート・展示会・公演・フェスティバルをはじめ、結婚式までオンラインで行わしました。 

オフラインでなければならないようだった多くのことがオンラインで行われています。

<出典:pixabay >

継続的に活発化する非対面業界

 

アンタクトは1人世帯の増加、対面コミュニケーションよりデジタル通信に慣れた「デジタルネイティブ」の登場などにより、 コロナ事態以前から着実に広がっていました。 よく私たちはカフェやレストランでタッチパネルを介して店員がなくても注文が可能で、  VR / ARなどを活用して、時間と空間の制約なしにカスタマイズされたサービスを利用するのですか。 

 

特に、今回のコロナ19に非対面医療サービス、在宅勤務、遠隔教育、非対面出荷、ドライブスルー、エクスプレス決済など のデジタルベースの非対面業界がさらに活発になりました。 既存の2030台だけでなく、4050年齢の非対面消費も大幅に増加しましたし。

非対面業界のためには、ITインフラストラクチャが必須

 

このすべてが可能だったのは、大韓民国が4次産業革命の技術を活用したからです。タッチパネルからロボット無人店、人工知能ロボットまで高度化された技術で非対面サービスが拡大しました。 

また、クラウド、ビッグデータなどのIT環境の画期的な発展にも影響を与えました今回のコロナの事態により突然のオンラインショッピングの増加・在宅勤務・オンライン講義などで急増したトラフィックを既存の電算室サーバーは余裕がなかったです。3月の世界のインターネットトラフィックが30%増加したとするが、クラウドは時間も足りない状況で、短期間急増したトラフィックをすべて対処しました。 

このようにアンタクト文化による非対面産業の育成のためには、クラウドなどのITインフラストラクチャが必ず必要です。これを証明するかのようクラウド関連企業の価値は、垂直上昇が予想される多くの経済専門家たちは言っています。

<出典:pixabay >

国家レベルのポストコロナ時代準備

去る4月14日、ムン・ジェイン大統領はコロナ19事態以後の不確実な状況に先制的に備えて危機を回避する必要があるため、 非対面業界をビッグデータ、人工知能など4次産業革命の技術と組み合わせた機会の産業を積極的に行っていく方針ですが、 デジタルベースの非対面事業を積極的に育成しなければならないと言っていました。 

続いて科学技術情報通信部は、デジタルベースの「ポストコロナ」タスクフォース(TF)の稼働を本格化しました。 ICT産業のための追加サポートと一緒にアンタクトビジネス分野の技術開発と事業化支援も強化していくと発表しました。 

 

これ韓国情報化振興院は、ポストコロナを備えるにおいてデジタル転換が重要であることを強調し、 これを加速するために5G、クラウドなどのデジタルインフラを強化し、 人工知能(AI) -ビッグデータ-クラウドにつながる革新的な技術の統合連携・活用政策を推進しなければならないと強調しました。 

アンタクト文化の拡散と政府の非対面産業育成政策はエクセムに好材料!

アンタクト文化の拡散と政府の非対面産業育成注文は、関連する技術と市場の注目を集めました。特にコロナ19事態を契機に、企業のクラウド移行速度が速くなり、関連の需要が急増している状況は、クラウドネイティブ市場を活性化させるのに一役ました。

データ3法通過、非対面産業育成計画などを足場にエクセムのクラウドネイティブ事業分野と人工知能を活用したIT運用管理の分野での需要がさらに活性化することが期待されます。