MINIMAL STATS AGGREGATION

目次

基本情報

 

パラメータ情報

 

Syntax   : _MINIMAL_STATS_AGGREGATION
Default  : IMMEDIATE, WAIT
設定方法  : Parameter File
           ALTER SYSTEM SET “_MINIMAL_STATS_AGGREGATION” = TRUE|FALSE
           ALTER SESSION SET “_MINIMAL_STATS_AGGREGATION” = TRUE|FALSE

 

バージョンとデフォルト
9iR2 : TURE
10gR1: TURE
10gR2: TURE
11g  : TURE

 

説明

 

Partition Maintenance(Exchange/ Add/ Drop/…)作業時、Global Statsの変更(Stats Aggregation)を実行するかどうかを指定します。既定値はFalseで、Stats Aggregation処理を実行していないことを意味します。

Partition Maintenance作業時にStats Aggregation処理を実行すると、Maintenance作業自体が遅くなる問題が生じます。したがって、基本的にStats Aggregation処理を実行していません。必要な場合には、dbms_stats.gather_table_statsプロシージャを使用して、手動でGlobal Statsを収集する必要があります。

 

外部参照

 

1. Oracle related stuffs blog