SYS.OPTSTAT HIST CONTROL$

目次

基本情報

 

概要

 

このビューを照会するとDBMS_STATS Packageが使用するOption(10g)やPreference(11g)のGlobalデフォルト値を知ることができます。

 

サポート

 

10g以上

 

注意

 

DBMS_STATS Packageが提供するOptionやPreferenceのデフォルト値は、一般的にDBMS_STATS.GET_PARAM関数やDBMS_STATS.GET_PREFS関数を使用しなければなりません。しかし、このビューを使用すると、より簡単にデフォルト値を知ることができます。

 

Oracle11gからPreferenceという概念を利用して、統計情報の収集に必要なパラメータの値を管理します。Preferenceは、次の3つのレベルでの管理が可能です。

 

・Global:Database全体レベルのパラメータ値。SYS.OPTSTAT_HIST_CONTROL$ビューに保存されます。
         DBMS_STATS.SET_GLOBAL_PREFSプロシージャを利用して値を変え、DBMS_STATS.GET_PREFS関数を
      用いて値を得ることができます。
・Schema:Schemaレベルのパラメータ値。SYS.OPTSTAT_USER_PREFS$ビューに保存されます。
      DBMS_STATS.SET_SCHEMA_PREFSプロシージャ利用値を変え、DBMS_STATS.GET_PREFS関数を用いて
          値を得ることができます。
・Table:Tableレベルのパラメータ値。SYS.OPTSTAT_USER_PREFS$ビューに保存されます。
     DBMS_STATS.SET_TABLE_PREFSプロシージャ利用値を変え、DBMS_STATS.GET_PREFS関数を用いて
         値を得ることができます。

 

 

Oracle 10g:

 

SQL> select sname, spare4 from sys.optstat_hist_control$;
                            
NAME			SPARE4         
---------              ------------
SKIP_TIME	            
STATS_RETENTION	            
TRACE			0                   
DEBUG			0                   
SYS_FLAGS		1           
CASCADE		DBMS_STATS.AUTO_CASCADE
ESTIMATE_PERCENT	DBMS_STATS.AUTO_SAMPLE_SIZE
DEGREE			NULL                
METHOD_OPT		FOR ALL COLUMNS SIZE AUTO
NO_INVALIDATE		DBMS_STATS.AUTO_INVALIDATE
GRANULARITY		AUTO        
AUTOSTATS_TARGET	AUTO

 

Oracle 11g:

 

SQL> select sname, spare4 from sys.optstat_hist_control$;

SNAME				SPARE4
------------                   -----------------
SKIP_TIME	
STATS_RETENTION	
TRACE				0
DEBUG				0
SYS_FLAGS			1
APPROXIMATE_NDV			TRUE
CASCADE				DBMS_STATS.AUTO_CASCADE
ESTIMATE_PERCENT		DBMS_STATS.AUTO_SAMPLE_SIZE
DEGREE				NULL
METHOD_OPT			FOR ALL COLUMNS SIZE AUTO
NO_INVALIDATE			DBMS_STATS.AUTO_INVALIDATE
GRANULARITY			AUTO
PUBLISH	TRUE
STALE_PERCENT			10
INCREMENTAL			FALSE
INCREMENTA_INTERNAL_CONTROL	TRUE
AUTOSTATS_TARGET		AUTO