Global cache s to x

目次

基本情報

 

セッションがSHAREDモードで所有しているバッファをEXCLUSIVE(X)モードに変更しようとするとき、global cache s to x待機イベントで待機します。もし、そのバッファをSHAREDまたはEXCLUSIVEモードで所有しているインスタンスがない場合は、ロックはすぐにEXCLUSIVEモードに変更されてglobal cache converts性能指標の数値が増加します。もし、そのバッファをSHAREDモードで所有しているインスタンスがある場合、ロックモードは、NULLモードに変更されます。

一般的に、インデックスの変更時global cache s to x待機が発生しています。インデックスブランチ(branch)ブロック内に保存されたリーフ(leaf)ブロックのアドレスを修正するには、そのバッファをEXCLUSIVEモードに所有しなければならないからです。

パラメータと待機時間

 

待機パラメータ

 

global cache s to x待機イベントの待機パラメータは以下の通りです。
1.P1:File#
2.P2:Block#
3.P3:LE(lock Element)またはバッファクラス

 

待機時間

 

1秒