Global cache null to x

目次

基本情報

 

セッションがブロックを変更しようとするとき、そのブロックは、ローカルキャッシュに存在する必要があり、EXCLUSIVEモードで所有しなければなりません。バッファがローカルキャッシュに存在せず、他のモードの場合global cache null to x待機イベントを待機します。もしバッファがリモート・インスタンスに存在する場合、バッファは、ローカルキャッシュに転送され、そのバッファのEXCLUSIVEロック付与される。転送後は、global cache current blocks served性能指標の数値が増加します。

もしバッファがリモート・インスタンスに存在しない場合、GCS(Global Cache Service)から、そのバッファへのアクセス許可を与えられます。バッファのロックを付与された後、ディスクI/Oを介して、そのバッファをディスクから読み込見ます。

パラメータと待機時間

 

待機パラメータ

 

global cache null to x待機イベントの待機パラメータは以下の通りです。
1.P1:File#
2.P2:Block#
3.P3:LE(lock Element)またはバッファクラス

 

待機時間

 

1秒