Enqueue PE

概要

 

PE enqueueは、一般的なRAC環境ではほとんど現れません。PE enqueueはALTER SESSION SET parameter= valueコマンドを使用している時に変更されているメモリストラクチャを保護したり、SPFILEに変更が発生した場合に使用されます。コネクションプーリングを使用していないデータベース環境では、多くのセッションが繰り返し接続をしようとする場合にPE enqueueの競合現象が発生することになります。コネクション管理がよくなっていたり、接続プーリングまたはMTSを使用している環境でPE enqueueの競合現象は大幅に短縮されます。

 

Parameter

Wait Parameters

 

Enqueue待機イベントの待機パラメータは以下の通りです。

 

・P1:Enqueue情報
・P2:Parameter#
・P3:0