FIX CONTROL

目次

基本情報

 

パラメータ情報

 

 Syntax  _FIX_CONTROL
 設定方法

・ Parameter File

・ ALTER SESSION SET “_FIX_CONTROL” = ‘8555:on';

・ ALTER SYSTEM SET “_FIX_CONTROL” = ‘8555:on’,’8556:off';

 バージョンとデフォルト  10.2.0.2からのサポート。10.2.0.3から複数の値を許可

 

説明

 

_FIX_CONTROLパラメータはBug番号に対応するFixを適用するか否かを決定します。Syntaxは以下の通りとなります。

 

alter session set "_fix_control" = 'bug#:on|off' [, ...]

 

Bug Fixの適用|非適用の有無は、[10053 Trace]を使用して確認することができます。Bug Fix Codeによって、別の副作用が生じる場合に_FIX_CONTROLパラメータを用いて、そのバグのコードが動作しないようにする目的で主に使用されます。

注意

 

 

関連情報

 

1.OPT_PARAMヒント

 

外部参照

 

Metalink doc ID567171.1 – _FIX_CONTROL Reference Note